めでる国芳ブック どうぶつ 金子信久・著
58d8df43d3b2a04058002952 58d8df43d3b2a04058002952 58d8df43d3b2a04058002952 58d8df43d3b2a04058002952

めでる国芳ブック どうぶつ 金子信久・著

¥1,944 税込

送料についてはこちら

想像をこらした未知の生物から、表情豊かな身近な動物まで。 絵草紙屋の店先で気に入った絵を選ぶように、1枚の絵をB5判の1ページ大で楽しむ趣向の「めでる国芳ブック」シリーズ。 第3弾は、「ねこ」編とは別に編んだ、「どうぶつ」編。 思わず抱き上げたくなるかわいい子犬や、巨鯨・大緋鯉・鰐鮫などの恐ろしい題材をダイナミックに描いた三枚続の作品群、はたまた表情豊かな金魚や蛸・雀といった国芳お得意の「人を演じる動物」。どれも命を持つものへのあたたかい想像力があふれ出ています。人が動物に抱く観念や神秘を感じとり、人との関係を多彩な形で表現した、国芳の動物画をめぐる1冊。 「かわいい動物の絵には昨今恵まれている。しかし、それだけではない、もっと多様な、もっとありのままの人と動物の関係はどうだろうか。国芳の作品には、ストレートにそれが表れているように思う。世界的にみて、日本は動物をめぐる多彩な美術を営んできた国である。それを生み出したのは、複雑な人と動物との関係と、それを具現できる国芳のような画才である」。(本文より)